商品名
  紙刷り印判魚文長皿
商品詳細
  [商品番号] mp0016
  [寸法]
大きさ:20.7cmx10.6 cm
高さ:3,4cm
  [価格] ¥32,000.-
  [時代] 元禄から享保 1690-1720
  [状態] 若干ゆがみがあり、又高台にはかけがあります。
コメント
 

一寸カタカタしますが、気になるほどではありません。鯉でしょうか、跳び出てきそうですね。

元禄期頃から経費削減と、手描きの手間を省くために紙刷り印判の方法がとられましたが、結果的には数十年の間だけでこの方法は姿を消してしまいました。

COMMENT
 

This imari rectangular piece is decorated with a fish motives in underglaze blue (sometsuke) with a technique of stencil known as “katagami”. This technique was invented during “genroku” era (second part or 17th century), and mostly used during this period. It was revived only at the beginning or 20th century. The technique was borrowed from the textile production.

Please email us if you’d like more information on this goods.


お支払方法を、別のウィンドウにページに表示する